東京都江戸川区一之江7-49-5 IMSクレイドル1F
03-5661-9855

なかぞのクリニック

MENU

ブログ

Blog

馬車列発見

先日、東京駅丸の内側を通りかかった際、偶然皇居から東京駅へ向かう馬車列を発見! 新たに赴任する外国の駐日大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式(信任状捧呈式)に当たって、皇室用の馬車で大使一行を皇居へ送迎するもので、TVで観たことはありましたが間近で見るのは初めてでした! 冷たい青空の下、蹄の音がコツコツと響き渡り、見ているだけで神聖な気持ちになりました 😀 儀装馬車は、明治終わりから昭和初期に...

続きを読む

免疫力アップ

江戸川区立の小・中学校は、7月21日から始まった夏休みが8月31日で終了し、9月1日から新学期開始となります。 夏休みに入ってから落ち着いていたように見えた子供たちの発熱を伴う様々な感染症ですが、お盆明けから再び増えてきています。 コロナ感染症は大人を中心に家庭内に広がってきており、インフルエンザも急増しています。コロナと思い検査してみるとインフルエンザだったという場面が多くなっています。 今後も...

続きを読む

princess

小児科では、ヘルパンギーナ、胃腸炎をはじめ、高熱を伴う咳症状のお子さんなどが多く受診されています。 小児病棟も満床の病院も多く、いつまでこの感染症の同時多発的な状況が続くのか 😥 コロナが2類から5類へ引き下げられて以降、夏がこのような状況なので今年の寒い冬の時期がどうなるのか心配です。 先日、通院されている女の子から可愛いお手紙をもらいました、忙しさの中ホッコリ心が和みました 😀 ...

続きを読む

エピペン研修&木の実類

新型コロナウイルス感染は減少傾向にあり、保育園や幼稚園に通園中の乳幼児では嘔吐・下痢の症状のお子さんが少し増えています。 また溶連菌感染症やアデノウィルス感染症なども散見されていますのでご注意下さい。 毎年5月に校医を担当する小学校の教諭・職員向けにアナフィラキシーの正しい知識と対応について話をしています。 今年も食物アレルギーに関する知識のアップデート、エピペンの使用タイミングや正しい接種方法の...

続きを読む

男女混合名簿

校医を担当している小学校からの「学校だより」の中で、令和4年度より、児童名簿を男女混合にし、呼名も○○さんで統一する、との内容が載っていました。 江戸川区では、男女が平等で、互いに尊重し、喜びも責任も分かち合い、家庭、職場、学校、地域などのあらゆる分野において、性別にとらわれることなく、その能力と個性を発揮できる地域社会を目指して「江戸川区男女共同参画推進計画(平成19年度から28年度)」を策定し...

続きを読む

桜咲く

都内の桜は満開の見ごろを迎え、新型コロナ、ロシアのウクライナ侵攻、地震災害など暗い話題の中、綺麗な桜は明日への希望を与えてくれるような気がします 😀 お天気次第ですが今年は散りゆく桜まで春の到来を満喫できそうかな… 先日、市川市スポーツ協会から創立70周年を期して功労者への感謝状が贈呈されました。 コロナ禍のため、記念式典や感謝状贈呈式は中止となりましたが、推薦していただいた市川スポ...

続きを読む

節分

新型コロナ感染者が全国で9万人を超え、東京都でも2万超えと過去最高となりました 😯 東京都の新規感染者の年代別では、 10歳未満が3,300人 、10代が2,458人 、20代が4,039人 、30代が3,741人 、40代が3,496人 、50代が2,108人、65歳以上の高齢者は1823人となっています。 10歳未満の感染者が多く、保育園・幼稚園、小学校での学級閉鎖もかなり増えているようです。...

続きを読む

手足口病

気持ちの良い秋晴れ 😆 祝日の日中はポカポカ陽気で過ごしやすくお散歩日和でした。 小児では夏カゼの代表的な疾患である手足口病やヘルパンギーナがこの時期に流行している地域があります。保育園によっては集団感染も起きているようです。 今夏は例年冬から春に流行するRSウイルス感染症が猛威を振るいました。コロナの影響で感染症の季節感が何かおかしくなっている感じです。 今年のインフルエンザの流行はどうなるのか...

続きを読む

江戸川医学会

一般の方(高校生以上のかかりつけでない方)へのインフルエンザ予防接種が、ワクチン在庫不足のためにストップしておりご迷惑をお掛けしております。 11月下旬ごろにはワクチンが再入荷される予定ですのでもうしばらくお待ち下さい。 また、11月はインフルエンザ予防接種の方がピークとなる時期とも重なり、外来が大変混雑しております。密を避けるべく診察や一般予防接種のため来院された方々をお待たせしないようスタッフ...

続きを読む

備えあれば憂いなし

秋の健診シーズンとなり、保育園や幼稚園、小学校と続きます。 毎年この時期に保育園の健診に行くと、0歳~2歳児の半分以上のお子さんが鼻水を垂らしていますが、今年は風邪症状のあるお子さんはなんと一人もいませんでした 😯 コロナ感染対策をしっかりとやっているためか、小児科外来でも流行中の疾患も特になく、発熱のあるお子さんの問い合わせも少なくなってきています。 昨年インフルエンザンはほとんど流行しません...

続きを読む

1 2 3

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ