東京都江戸川区一之江7-49-5 IMSクレイドル1F
03-5661-9855

なかぞのクリニック

MENU

ブログ

Blog

エピペン研修&木の実類

新型コロナウイルス感染は減少傾向にあり、保育園や幼稚園に通園中の乳幼児では嘔吐・下痢の症状のお子さんが少し増えています。 また溶連菌感染症やアデノウィルス感染症なども散見されていますのでご注意下さい。 毎年5月に校医を担当する小学校の教諭・職員向けにアナフィラキシーの正しい知識と対応について話をしています。 今年も食物アレルギーに関する知識のアップデート、エピペンの使用タイミングや正しい接種方法の...

続きを読む

男女混合名簿

校医を担当している小学校からの「学校だより」の中で、令和4年度より、児童名簿を男女混合にし、呼名も○○さんで統一する、との内容が載っていました。 江戸川区では、男女が平等で、互いに尊重し、喜びも責任も分かち合い、家庭、職場、学校、地域などのあらゆる分野において、性別にとらわれることなく、その能力と個性を発揮できる地域社会を目指して「江戸川区男女共同参画推進計画(平成19年度から28年度)」を策定し...

続きを読む

桜咲く

都内の桜は満開の見ごろを迎え、新型コロナ、ロシアのウクライナ侵攻、地震災害など暗い話題の中、綺麗な桜は明日への希望を与えてくれるような気がします 😀 お天気次第ですが今年は散りゆく桜まで春の到来を満喫できそうかな… 先日、市川市スポーツ協会から創立70周年を期して功労者への感謝状が贈呈されました。 コロナ禍のため、記念式典や感謝状贈呈式は中止となりましたが、推薦していただいた市川スポ...

続きを読む

5~11歳へのコロナワクチン

新型コロナワクチンの5~11歳への接種が足立区では基礎疾患を有するお子さんから開始されました。江戸川区を含め全国的に3月中には開始される見込みです。 当院へもコロナワクチン接種を希望される方の保護者からの問い合わせが少しずつ増えてきました。 日本小児科学科の「5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方」(下記参照)にあるように、ワクチン接種は特に基礎疾患のあるお子さんの重症化を防ぐため...

続きを読む

節分

新型コロナ感染者が全国で9万人を超え、東京都でも2万超えと過去最高となりました 😯 東京都の新規感染者の年代別では、 10歳未満が3,300人 、10代が2,458人 、20代が4,039人 、30代が3,741人 、40代が3,496人 、50代が2,108人、65歳以上の高齢者は1823人となっています。 10歳未満の感染者が多く、保育園・幼稚園、小学校での学級閉鎖もかなり増えているようです。...

続きを読む

小児のコロナ感染拡大

新型コロナウイルスの感染が園児や学童まで広がっており、インフルエンザ流行時のように学級閉鎖などが行われている園や学校がかなり増えてきました。 オミクロン株はこれまでのコロナと比較して感染力は強いが比較的軽症(特に小児)と言われていますが、大人では入院している中等症・重症の方も増えてきており、死亡例も毎日報告されているので要注意です。当面は3密回避、手指消毒、不織布マスクなどは忘れてはいけません! ...

続きを読む

安全祈願

オミクロン株の感染が若年層を中心に急速に拡大してきています。 2回目から6か月以上経過した医療従事者と高齢者への新型コロナウイルスワクチン3回目の接種も1月より開始されました。 多くの方が3回目の接種を終える事でオミクロンによる第6波も抑え込めるのではないかと思われます。 それまでは、従来のコロナ対策を怠らないようにしないといけません! 週末は昨年中止されたラグビースクールのグランド開きに参加し...

続きを読む

年末年始休診日

【年末年始の休診日】 令和3年12月29日(水)~令和4年1月3日(月) 新年は1月4日(火)より診療開始となります。 ご不便をおかけ致しますが、お間違えないようご注意下さい。 ...

続きを読む

感謝!!

オミクロン株なる変異種が出現したことにより、国内では収束ぎみとなっているコロナウイルス感染症も再び第6波が心配される状況になってきました。 オミクロン株への効果の詳細は不明のままコロナ対応を行う医療従事者からコロナワクチンの3回目の接種が12月から開始されました。オミクロン株の流行状況によっては3回目から8か月後ではなくもっと早い時期に接種となる可能性もあり、一般の方々への接種体制の準備のためにも...

続きを読む

1 2 3 4 5 12

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ