なかぞのクリニック

東京都江戸川区一之江7-49-5 IMSクレイドル1F
03-5661-9855

なかぞのクリニック

MENU

夜尿症とは

What is nocturnal enuresis

夜尿症とは

乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、5歳以降で月1回以上のおねしょが3か月以上続くものは「夜尿症」と定義されています。時々おねしょをしてしまう程度のお子様の比率は5~6歳で約20%、小学校低学年で約10%と減少しますが、10歳児でも約5%(1クラスに2~4名程度)にみられます。最近は、夜尿症に有効な治療法がありますので、生活指導および適切な治療を継続的に行うことで、夜尿の頻度を減らしたり、治療を受けていない場合より早く夜尿から卒業しやすくなります。お気軽にご相談ください。

治療の原則は「起こさず、焦らず、怒らず、ほめる、比べない」

  • お子様やご自分を責めないで、治療に関して約束が守れたり、夜尿がなかった日はしっかりと「ほめて」あげましょう。

どのような治療をするの?

生活指導

早寝、早起き、決まった時間の食事を心がける(規則正しい生活)、夜間の水分摂取量を減らす、便秘の改善(便秘では膀胱が圧迫されてしまうため)、塩分を控える(濃い味付けは水分を過剰に摂取してしまうため)、就寝前の排尿を徹底する、などの生活リズムを見直すようにします。これだけで改善するお子様もいます。

薬物療法

生活指導で改善しない場合、以下の内服薬(6歳以上が対象)を用いて治療します。

  • 抗利尿ホルモン薬(尿を濃縮してその量を減らすはたらきがあります)
  • 抗コリン薬(膀胱の緊張を取ることにより、尿を溜めやすくします)

治療開始後3か月間ほどの経過で改善するかどうかをみていきます。

※夜尿が治る時期は、そのお子様の年齢、夜尿の頻度、原因に大きく影響されるため、個々のお子様で異なります。
生活改善や薬物療法で改善しない難治性の夜尿の方は、専門医が行う夜尿専門外来がある大学病院などで詳しい検査や治療の見直しのため、専門外来をご紹介いたします。

おねしょ卒業!プロジェクト

臍ヘルニアとは

生後間もなくヘソの緒が取れた後に、おヘソがとびだしてくる状態を臍(さい)ヘルニアと呼びます。
生まれて間もない時期にはまだヘソの真下の筋肉が完全に閉じていないために,泣いたりいきんだりしてお腹に圧力が加わった時に、筋肉のすきま(ヘルニア門)から腸が飛び出してきて、「でべそ」の状態となります。 触れると柔らかく、圧迫するとグジュグジュとした感触でおなかの腸が簡単にお腹に戻りますが、赤ちゃんが泣いておなかに力が加わるとすぐに元に戻ってしまいます。
この臍ヘルニアは、5~10人に1人の割合でみられますが、ほとんどのヘルニアはおなかの筋肉が発育してくる1歳頃までに自然に治ります。
しかしヘルニアは治っても、長い間引き伸ばされたヘソの皮膚が弛んで残ってしまい、美容的な問題として外科的手術が必要な場合もあります。

臍ヘルニアの圧迫療法とは

ヘルニアの大きさに応じたスポンジで突出した臍ヘルニアを押し込み、かぶれにくい素材である創傷被覆材を用いて押し戻されないように貼ります。
1~2週間毎に張り替えの際、治療後の評価をしながら、個人差はありますが1~3か月程度継続し、ヘソの突出が治まったら圧迫療法を中止します。

臍ヘルニアの圧迫療法とは

その他、水いぼ、包茎など、お子様のことで気になることがあればご相談ください。